販促品はこう使う

販促品を用意することで得られる効果には、何があるでしょうか。大きく販促品の効果を分類してみると「商品選択で自社製品を選んでもらいやすくする」「購入を先送りすることなく即決してもらえるようにする」「店や商品に好感度を抱いてもらえるようにする」という三点があげられます。
たとえば家電製品を購入したい人が来店したとき、A社製品とB社製品のうちどちらを買うか迷っている場合、販促品があるかどうかはひとつの選択のポイントになります。同じような価格で同じような性能であるという場合であれば、このときにつく販促品はかなり大きな意味を持つことになるでしょう。
また、同じく家電製品を購入したいという場合、もう少し待てばきっと安くなるはずと思っている人に対して、お得な販促品がつくことをアピールすれば、待って後で購入するのと同じくらいの得があると思ってもらうことができます。購入を迷っている場合に「今なら」という気持ちを付け加えることができれば、かなり販促品としては効果が高いものであると言えます。
更に、販促品をつけることでその販売メーカーや小売店に好感度を抱いてもらえるようにすることも大切な販促品の効果です。販促品がよい品物であることで商品そのものの満足度が上がり、次回以降も製品を買うときの参考にしてくれる場合があるからです。販促品は商品の性能やイメージを決める大切な要素の一つです。大事に選んで配布するようにしましょう。
景品・ノベルティ・販促品・プチギフト1個単位販売~イベント景品.com