販促品で商品の魅力UP

販促品をつけて商品を販売する目的は、その商品によりいっそう魅力を感じてもらうためです。販促品をつけることで得られる効果には、「わくわく感を感じてもらい、店や商品に好意を抱いてもらう」ことや「実質的な値引きの手段として、即決をとることができる」ことがあります。いずれにしても、購入したいと思う人に対してその商品が「お得」であるかを印象づけることができるかどうかがポイントです。
たとえばデジカメの購入をするときに、記念品をもらったり、撮影会で写真を撮ってもらったりした場合はどうでしょうか。デジカメが多少高いなと思えるものであっても、販促品としてついてきた記念写真の価値が大きければ、商品に対して高い満足度を得ることができるようになります。この満足度は購入後すぐにわかるものではありません。ですがていねいな販促品の選択など地道な努力をしていくことで得ることのできる大切なことです。
また、同じくデジカメを購入しようという人がもし「A社の商品が欲しいがもう少し待てば値段が下がるかもしれないのでそれまで待ちたい」と思っているような場合に、値引き交渉として、販促品(SDカード等)を活用してみることで、購入の即決をとることもできます。
販促品で大切なのは、心理的な満足を与えることができるかどうかです。販促品を配布するときも無造作に配布するのではなく、購入をした人、購入をしようとする人に適切なアピールができるように利用するのが大切です。
景品・ノベルティ・販促品・プチギフト1個単位販売~イベント景品.com